イベント

2019年度研究発表会 事前決済はこちらから

期日(期間):2019年02月04日〜2019年05月25日

2019年度研究発表会の事前決済(研究発表会参加費,概要集代,情報交換会)はこちらからになります。(発表原稿の申込は別記事になります。)

受付開始 :2019年2月 4日(月)13:00
 3月11日・AM1:30~AM6:00はシステムメンテナンスのためご利用できません。
受付終了 :2019年5月10日(金)17:00
支払方法 :クレジットカード(VISA,MASTER,JCB, AMEX, DINERS),コンビニ払,ペイジー払
参加費 :会員及び賛助会員 3000円,非会員 5000円,学生 1000円
概要集代 :一般 5000円,学生 2500円
情報交流会費:一般 5000円,学生 2500円

注意事項

申込について
・1回につき一人の決済を行います。まとめての入金は絶対に行わないでください。事務局側で入金と該当者を突き合わせることができません。
・発表申込時に口頭発表以外にポスター等も同時に複数エントリーしていても,一回分の入金で結構です。
(例えば,会員が口頭発表とポスターを申し込んでも3000円の振込となります。)
・会員の方は、会員番号を入力して下さい(先頭のABも入力して下さい)。
今回のシステムは会員番号を入力しないと次に進めませんので、非会員もしくは会員手続き中の方は「0」を入力して下さい。

領収書について
・領収書の宛名は「法人名欄」を使用します。所属先名・ご氏名など、必要な宛先を任意に入力して下さい。
「法人名欄」が未記入の場合、宛名のない領収書が発行されます。
・領収書の但し書きは、支払内容の組合せに関わらず全て「事前登録費」となります。
・支払内容毎の領収書が必要な方は、発表会当日に再発行致しますので、決済時に発行された領収書を印刷持参した上で受付にお申し出下さい。
・領収書はメールに表示されるリンク先からのWEB領収書になります。

会員および賛助会員の方はこちらから
非会員の方はこちらから
学生の方はこちらから

初めての試行のため,至らない点があるかと思います。お気づきの点ありましたら,事務局までメールにてご連絡ください。
宜しくお願い致します。

H30 講演討論会「水害と火災~『浸水火災』にどう備えるか~」開催案内(終了しました)

期日(期間):2018年12月01日〜2019年02月01日

H30 講演討論会「水害と火災 ~浸水火災にどう備えるか」 開催案内
表記件の詳細が確定しました.詳細は こちら をご覧ください
...........................
開催日時 平成31 年1 月31 日(木) 13:00~16:30
会 場 文京シビックセンター(小ホール)
〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21
参加費: 1,500 円(テキスト付)
プログラム
開催挨拶 13:00~13:05 学術委員長 平島 岳夫
講  演 13:05~15:20 司会:岸上 昌史
13:05~13:35 「水の関わる爆発事故について(仮)」 中村 順(総合安全工学研究所)
13:35~14:05 「津波,高潮などによる車両火災の原因と対策の考察(仮)」 髙橋 直人(公立諏訪東京理科大学)
(休憩 14:05~14:20)
14:20~14:50 「浸水した太陽光発電設備の火災(仮)」 田村 裕之(消防研究センター)
14:50~15:20 「 総社市アルミ工場爆発・火災の被害と周辺での避難状況(仮)」 北後 明彦(神戸大学)
(休憩 15:20~15:35)
討  論 15:35~16:25  司会  鍵屋 浩司
閉会挨拶 16:25~16:30 学術副委員長 桑名 一徳

 

第57回火災科学セミナーの開催について(終了しました)

期日(期間):2018年09月01日〜2018年11月16日

近年の火災の動向に目を向けると,件数が減少傾向にあるものの,飲食店からの火災が増加している傾向にあること,住宅火災による被害や死者については,様々な対策がとられている中,建物火災の半数を占め,火災による死者においては9割を超える状況であることから,実情の把握と火災被害の低減対策を一層進めていく必要があります。

また,近年の技術進歩により,高出力,大容量のバッテリーの必要性からリチウムイオン電池が普及しており,リチウムイオン電池関連の火災が増加傾向にあります。これらの火災は,今後全国でも増加していく可能性があり,課題や危険性を情報共有し,対策を進めていく必要があります。

日本火災学会では,火災科学セミナーの主題を「近年の社会動向や技術進歩を踏まえた火災対策」とし,これらのテーマについて,有識者による講演をお願いし,東京と大阪市において下記のとおり同じ主題で開催することにいたしました。

つきましては,会員の方はもとより,消防関係者,一般の方々にも多数ご参加くださるようご案内申し上げます。

 

●東日本会場   :日時 平成30年10月31日(水) 13時00分から16時30分

東京会場)     場所 「文京シビックセンター小ホール」(東京都文京区春日1-16-21)

                             東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」直結

                             都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」直結

●中部・西日本会場:日時 平成30年11月16日(金) 13時00分から16時30分

大阪会場)     場所 「阿倍野区民センター大ホール」

                                      (大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118)

                            地下鉄谷町線「阿倍野駅」100m

                            JR・地下鉄御堂筋線「天王寺駅」800m

 

[主題] 近年の社会動向や技術進歩を踏まえた火災対策

13:05~14:05 飲食店の火災低減に向けた課題と解決策(予定)

                   (東京会場) 東京理科大学      倉渕   隆

                   (大阪会場) 日本大学        森山 修治

注)大阪会場の講師は火災誌355号会告掲載の後、変更となりました。

                                   注)大阪会場の講師は火災誌355号会告掲載の後、変更となりました。

 

14:15~15:15 住宅火災の被害低減に向けた課題と展望 

                                       消防庁消防研究センター   鈴木 恵子

15:25~16:25 リチウム電池の仕組みと火災の危険性 

                                       大阪市立大学大学院        有吉 欽吾

 

参加料(テキスト含む):会員(賛助会員及び後援団体職員を含む。)及び消防職員2,000円,

                               一般(非会員)4,000円

 

申込方法:参加料の納入をもって申込受付とします。(ただし,定員になり次第締切りとなります。)

*東京会場は定員に達し、申し込みを締め切りました。

*大阪会場は申込受付中です。

1 郵便振込の場合 (郵便振込「払込取扱票」のご利用をお願いします。)

振替口座番号 00180-4-58454 (公社)日本火災学会

払込取扱票の通信欄に参加会場名・勤務先名(複数参加の場合,参加者名)を記入してください。また,払込人住所氏名欄には参加者氏名(複数参加の場合は,代表者名)・連絡先住所,電話番号を記入してください。到着受付後,受講票をお送りします。(領収書は,当日会場でお渡しします。)

2 現金書留の場合

所要事項(氏名,事業所名,連絡先住所,電話番号)を記載し,送金してください。

申込みを受け付け次第,受講票をお送りします。(領収書は,当日会場でお渡しします。)

申込先 : 〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル

(公社)日本火災学会 Tel:03-3813-8308 Fax:03-5689-3577

E-mail:kasai50@sepia.ocn.ne.jp

詳細はこちらをご覧下さい →Download file

西日本豪雨災害の緊急報告会のご案内(9/10)(終了しました)

期日(期間):2018年09月01日〜2018年09月10日

日本学術会議公開シンポジウム・防災学術連携体緊急報告会として
「西日本豪雨災害の緊急報告会」
が下記日程で行われます(詳細は こちら ).是非ご参加ください.


日時 2018年9月10日(月)13:00~18:00
場所 日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22番地34号)
主催 日本学術会議防災減殺学術連携委員会,土木工学・建築学委員会,防災学術連携体
参加費 無料

 

東京消防庁消防技術安全所一般公開のお知らせ

期日(期間)

~安全安心の街TOKYO 未来へ繋げる消防科学~

東京消防庁消防技術安全所では、技術改良や検証の成果、最新の消防装備などを広く皆さまに公開し、消防技術安全所が担う役割について理解を深めていただくため施設等を開放する「一般公開」を下記のとおり開催します。

●開催日時:平成31年4月20日(土)9時30分から15時00分まで
      ※入場無料(事前申し込み不要)
●開催場所:東京消防庁消防技術安全所(東京都渋谷区幡ヶ谷1-13-20)
●主な内容:○消防技術安全所の業務紹介(実験展示等)
      ○消防活動用ドローンの展示
      ○消防学校・装備工場等の施設見学
      ○ハイパーレスキュー隊の資器材等の展示
      ○音楽隊・カラーガーズ隊の演奏・演技
      ○はしご車の体験搭乗
      ○VR防災体験車災害疑似体験
※はしご車体験搭乗90組の抽選会を行います。抽選会への参加を希望される方は、当日9時30分までに1階受付にご来場ください。
※VR防災体験車災害疑似体験の搭乗を希望される方は当日9時30分より時間指定乗車券を配布します。体験を希望される方は防災体験車コーナーまでお越しください。
詳細は全体内容を含め、4月初旬に東京消防庁消防技術安全所ホームページに掲載予定です。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-gijyutuka)
●駐車場がございませんので、車でのご来場はご遠慮ください。
●荒天時や災害発生時には、内容を一部変更する場合があります。
●お問い合せ先 東京消防庁 消防技術安全所 消防技術課 庶務係
        電話 03-3466-1515(代表)

「国立研究開発法人建築研究所講演会」開催のご案内

期日(期間)

国立研究開発法人建築研究所では、今年度も、弊所の研究活動を中心に、各分野における研究開発の最新情報をいち早くご紹介する講演会を3月に開催いたします。今回の特別講演には、早稲田大学名誉教授の尾島俊雄氏をお招きする予定ですので、奮ってご参加ください。

 

日時:平成31年3月1日(金)10:30~16:00

会場:有楽町朝日ホール(東京・有楽町マリオン11階)

 

※ 詳細は、http://www.kenken.go.jp/japanese/research/lecture/h30/index.htmlをご覧下さい。

労働安全衛生総合研究所一般公開のお知らせ

期日(期間)

独立行政法人労働者健康安全機構
労働安全衛生総合研究所では,研究施設の一般公開(無料)を次のとおり行います。

<働く人の安全に関する研究施設公開>
 開催日:平成31年4月17日(水)
 場 所:東京都清瀬市梅園 1-4-6
     労働安全衛生総合研究所(清瀬地区)
 問合せ:電話:042-491-4512
      e-mail: kokai_kiyose2019@s.jniosh.johas.go.jp(担当:大西)

<働く人の健康に関する研究施設公開>
  開催日:平成30年4月21日(日)
  場 所:神奈川県川崎市多摩区長尾 6-21-1
     労働安全衛生総合研究所(登戸地区)
  問合せ:電話:044-865-6111
        e-mail: kokai_noborito2019@h.jniosh.johas.go.jp(担当:齊藤)

詳細については,ホームページ(https://www.jniosh.johas.go.jp)をご覧ください。

平成31年度科学技術週間「消防研究センター 一般公開のお知らせ」

期日(期間)

消防研究センターでは、消防大学校、日本消防検定協会及び一般財団法人 消防防災科学センターと合同による一般公開(無料)を次のとおり行います。

●開催日:平成31年4月19日(金)

●場 所:東京都調布市深大寺東町4-35-3
           消防研究センター (受付:消防研究センター本館)
           (消防大学校、日本消防検定協会、一般財団法人 消防防災科学センターは、同じ敷地内)

●問合せ:電  話:0422-44-8331
E-mail:toiawase2018@fri.go.jp

※詳細については、ホームページ(http://nrifd.fdma.go.jp/)をご覧ください。

2019年度 日本火災学会研究発表会 開催予告ならびに研究発表募集

期日(期間)

2019年度の研究発表会を下記により開催します。
火災に関わる幅広い分野にわたる皆様の研究成果を発表・討論する場としてご活用下さい。
発表形式には,通常(口頭)発表,ポスターセッション,動画展示,オーガナイズドセッションがあります。
下記内容を確認頂きお申し込みをお願いします。

印刷物は(こちら)→H30年12月号火災誌_研究発表会開催案内.pdf

■主 催:日本火災学会
■開催日:2019年5月25日(土)、26日(日)
■会 場:早稲田大学 西早稲田キャンパス

■参加費:
会員及び賛助会員 3,000円
非会員 5,000円
学生 1,000円

■概要集:
予定価格 5,000円・学生 2,500円

■発表申込・原稿提出受付開始
2019年2月4日(月) 13:00

■発表申込・原稿提出締切
通常(口頭)発表:2019年3月4日(月)17:00
ポスターセッション:2019年3月15日(金)17:00
動画展示:2019年3月15日(金)17:00

■発表申込・原稿提出方法
電子投稿システムでは発表申込,ならびに原稿提出を一括で受付します。
日本火災学会ホームページの最新情報の案内欄より,電子投稿受付のページへ入り,画面の案内に沿って,発表申込,原稿提出を行って下さい。

詳細はホームページでご確認下さい。

  ホームページ :http://www.jafse.org/

■申込みにあたっての注意点
◎通常(口頭)発表者は本会の会員に限ります。
◎同一発表形式では,同一講演者による発表数を1件とします。

■オーガナイズドセッションの発表形式
以下の2つのテーマについて各4編程度の発表を募集し,発表時間および討論時間を十分に確保したセッションを実施します。
※1 OSでの発表は学生奨励賞対象外となります。
(OS1):近年の自動車火災について
(OS2):群集流動

以上

2019年度日本火災学会研究発表会 発表申込・原稿提出受付

期日(期間)

2019年度研究発表会が5月25日と26日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて開催されます。火災科学・技術等に関わる皆様の研究成果をご発表下さい。発表形式には,通常(口頭)発表,ポスター発表,オーガナイズドセッション発表,動画展示があります。

■発表申込・原稿提出締切

通常(口頭)発表:2019年3月4日(月) 17:00
ポスターセッション: 2019年3月15日(金) 17:00
動画展示: 2019年3月15日(金) 17:00

発表申込・原稿提出はこちらから

原稿執筆要領はこちら(原稿執筆要領2019.pdf)から

ポスター発表・動画展示の詳細はこちら(ポスターセッションおよび動画展示の実施について2019.pdf)から

事前決済は下記記事を参照の上,積極的にご利用願います。

ページトップへ▲