学会案内

日本火災学会会長 ごあいさつ

長谷見会長2.jpg

平成29年度より日本火災学会会長に就任した長谷見会長よりのごあいさつです

会長就任にあたって
「今後の火災対策の課題に取り組むために」
                                                                     長谷見雄二

 昨年末、新潟県糸魚川市の中心市街地で、酒田大火(1976年)以来の強風下大火が発生し、更に2ヵ月を待たずに埼玉県三芳町の大規模物流倉庫で鎮火に2週間余を要する大火災が発生と、社会を揺るがす大きな火災が続きました。海外では、6月、ロンドンで24階建ての高層集合住宅が短時間でほぼ全焼し、確認された範囲で79人の犠牲者を出す衝撃的な火災が発生しました。いずれも、条件が大きくは違わない建物や市街地が数多く存在しており、更に大規模な災害が発生する可能性を窺わせる出来事です。その再発予防には広い視点での検討が必要ですが、その中で本会に期待される役割も小さくないに違いありません。
 このような状況の下、本会では去る5月、新しい任期の理事会が出発し、その会長に選任されました。
   昨年来の火災誌や5月に行われた総会で報告致しましたが、本会の財務は長い間、厳しい状況が続いており、過去2年間、大谷前会長の下で支出の徹底的な見直し・削減を行いました。それでも、学会本来の活動を今後、全うしていくことはできないとの判断から、総会では会費改定をお諮りし、会費を値上げさせて頂くこととなりました。今期は、支出削減の仕組みづくりや会費以外の収入の開拓など、財務の健全化に一層、努める所存です。
   一方で、本会は、今期2年間が終わる頃に創立から満69年、人間でいえば古稀を迎えます。本会では、過去、何度か運営の見直しがされてきましたが、火災安全への科学的取り組みの将来を展望すると、学会運営のあり方も、多くの面で見直しが必要になってきていると考えています。
 たとえば、冒頭の糸魚川や三芳町の火災など、地方に新しい火災リスクがあることが窺われますが、学会の諸活動の場は、首都圏に集中しており、地方の声がその中に反映される機会が少ないこと、会員の研鑽の成果の発表や顕彰が比較的基礎的な研究に偏っていて、火災安全の長期的な達成では等しく重要な役割を担っている技術開発・計画・社会活動等が評価を受ける場が十分ではないことなどです。いずれも、本会を始め、火災安全に関する科学技術・実践の将来の担い手を幅広く育てていく上で、取り組みが必要な課題です。
   こうした課題の一部については、前期理事会で具体的な検討がされましたが、今期は更に、具体的な方策への反映を加速したいと存じます。
 また、6月にスウェーデンで開催された第12回国際火災安全科学シンポジウムでは、2023年に予定されている第14回シンポジウムを、本会が中心となって筑波で開催することが決まりました。一昨年、筑波で開催された第10回アジア・オセアニア火災科学技術シンポジウムの成功も評価されての決定ですが、日本での開催は、第2回(1988年、東京)以来です。1985年に開かれた第1回は会場となった米国標準技術研究所の肝いりであり、火災安全の専門家が集まってシンポジウム全体を企画・運営するものとしては東京が初めてでした。その成功が、火災安全に関するその後の国際的な研究集会の発展の手がかりになったともいわれています。国際シンポジウムの開催は6年後ですが、世界から大勢の専門家が集まるこの機会を実り多いものとするために、周到な準備を進めていきたいと存じます。
 最後になりますが、会員の皆様の益々のご活躍を祈念し、皆様のご期待に応えられるよう、全力を尽くす所存です。

平成29年度 日本火災学会研究発表会 開催のご案内

平成29年度の研究発表会を下記により開催します。

■開催日:平成29年5月20日(土),21日(日)
■会 場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 
〒169-8555 新宿区大久保3-4-1
(https://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus)
※受付会場は55号館N棟1Fのギャラリーです。
■参加費:会員及び賛助会員 3,000円,非会員 5,000円,学生 1,000円
■概要集:予定価格 5,000 円,学生 2,500 円
■プログラム:[こちら]をご確認下さい。
■懇親会:
日時:平成29年5月20日(土)19:00 開始
18:40 学生奨励賞表彰式 
(注:学生奨励表彰は2日目閉会式前に移動しました)
19:00 懇親会
会場:ROHM Square(西早稲田キャンパス63号館1F)
参加方法:当日の研究発表会受付,又は懇親会
会場受付にてお申込み下さい。
会費:¥5,000-(学生は¥2,500-)
※受付時に徴収致します。
■発表方法
①通常(口頭)形式:
発表10 分,質疑応答5 分
②オーガナイズドセッション:
発表12 分,質疑応答3 分
セッション内の発表終了後に総合討論があります。
③ポスターセッション:
2日目10:00までに55号館N棟1Fアトリウムに掲示。
11:35 からポスターセッションの時間を設けます。
発表者の方は、[こちら]をご確認下さい。
■その他
・前日(5月19日)には,特別企画ワークショップ「糸魚川市駅北大火の特徴とそこから得る教訓」が開催されます。
参加費無料、事前申込み不要となっております。
    詳細は[こちら]をご確認下さい。
・概要集の事前郵送販売につきましては,火災誌2月号掲載会告の申込方法をご確認下さい。

 

Notice of 2017 JAFSE annual symposium

Organizer: Japan Association for Fire Science and Engineering (JAFSE)
Date: May 20-21, 2017
Venue: Waseda University, Nishi-Waseda Campus, 3-4-1, Ookubo, Shinjuku-ku, Tokyo, 169-8555 (https://www.waseda.jp/top/en/access/nishiwaseda-campus)
 
Registration Fee (for joining meeting): members 3,000 yens, non-members 5,000 yens, students 1,000 yens
Proceedings: to be distributed on site at 5,000 yens (students discount 2,500 yens)
 
Call for papers – 2017 JAFSE annual symposium
Deadline (registration of paper presentation) : 
Download paper format and manuscripts should be submitted electronically, through the login button at the symposium web page (https://www.i-product.biz/jafse/). The submission deadline for papers of ordinary oral sessions and organized sessions is 7 March 2017 17:00(JST). The submission deadline for papers of poster sessions is 17 March 2017 17:00(JST).
Variability of Sessions 
In addition to ordinary oral sessions, poster and organized sessions are being planned. Please specify PS or OS in your application form.
Ordinary sessions: 
Two pages of paper could be included in proceedings. The authors can choose session category for presentation. Details are given in registration from website.
Organized sessions: 
For specific topics, special session will be planned. The applicant for organized session can submit 4 pages of paper. Presentation and discussion time will be extended. The proposed topics are:
(OS1) The forefront of studies for early stage fire extinction.
(OS2) Fire suppression with water mist.
Poster sessions: 
One of the authors will make a short oral presentation in a few minutes. Thereafter, presentation and discussion will be made in front of poster panel. One or Two pages of paper could be included in proceedings.
Notice for Authors 
(1) Submitted paper must be presented at the meeting by one of the authors.
(2) Speaker must be a member of JAFSE.
(3) In one category, number of presentations by the same person is limited to one.
(4) At the meeting, PC projector will be provided. But you must prepare personal computer yourself.
Submission of Manuscript 
If your application is accepted, you will have to submit manuscript by 24 March 2017 13:00(JST). The detailed form for manuscript will be given later on JAFSE bulletin and web page.
Download PaperFormat2017 for details.
 
Inquiry: 
Japan Association for Fire Science and Engineering (JAFSE),
Gakkai Center Building, 2-4-16 Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0032
E-mail (for inquiry only): jafse-annusymp@gmail.com (Email correspondence is recommended.)
Tel. +81-3-3813-8308
FAX +81-3-5689-3577

平成28年度研究発表会の案内

平成28年度研究発表会を下記の通り開催します(印刷版はこちら)。

■主  催:日本火災学会
■開催日:平成27年5月16日(土)・17日(日)
■会  場:「山形大学 米沢キャンパス 工学部4号館」
           〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
           (http://www2.yz.yamagata-u.ac.jp/campus/)
【米沢駅から山形大学まで】
・タクシー 所要時間約10分,料金約1,200円
・市街地循環バス(右回り:青バス) 所要時間15分,山大正門下車 徒歩1分,料金 200円
・山交バス(白布温泉行き) 所要時間10分,城南二丁目下車 徒歩5分,料金 240円
【東京方面からのアクセス】
[鉄道を利用の場合]東京駅(山形新幹線約135分)→ 米沢駅(バス約10分) → 山形大学
[バスを利用の場合]東京駅前より米沢駅前まで夜間高速バスが出ています。(要予約:東北急行バス他)
■参加費:会員および賛助会員 ¥3,000
                   非会員 ¥5,000   学生 ¥1,000
■概要集:頒布予定価格 ¥5,000 (学生は¥2,500)
  概要集の事前郵送販売のお知らせ
  ⇒ gaiyosyu.pdf(頒布予定価格+送料実費;準備中)
■プログラム:日程表・プログラムはこちらからダウンロード出来ます。
  ⇒ H27研究発表会プログラム.pdf(司会・副司会は調整中,確定次第更新予定)
■発表上の注意:発表される方は、発表上の注意も併せてご覧下さい。
  ⇒ 発表上の注意.doc(準備中)
■懇親会:火災研究者が一堂に会し歓談できる絶好の機会ですので、気楽にご参加下さい。
日時:平成27年5月16日(土)18:30~20:30(予定)
会場:上杉城史苑 1階レストラン アビシス
会費:¥5,000(学生は\2,500)(当日、受付時に集めます。)
※懇親会に先立ち、学生奨励賞の表彰式を行います。
    学生奨励賞表彰式 18:30~18:45

 

■主  催:日本火災学会

■開催日:平成28年5月16日(月)・17日(火)

■会  場:アオーレ長岡

           〒940-8501 新潟県長岡市大手通1丁目4番地10

           (http://www.ao-re.jp)

 

【交通アクセス】

・JR長岡駅から徒歩3分

・お車でお越しの方  長岡インターチェンジから約20分/中之島見附インターチェンジから約30分

 

■参加費:会員および賛助会員 ¥3,000

                   非会員 ¥5,000   学生 ¥1,000

■概要集:予定価格 ¥5,000 (学生は¥2,500)

■発表申込・原稿提出受付開始

平成28年2月8日(月) 13:00

■発表申込・原稿提出締切

通常(口頭)発表:平成28年3月7日(月) 13:00

ポスターセッション:平成28年3月22日(火) 13:00

 

■発表申込・原稿提出方法

電子投稿システムでは発表申込,ならびに原稿提出を一括で受付します。

日本火災学会ホームページの最新情報の案内欄より,電子投稿受付のページへ入り,画面の案内に沿って,発表申込,原稿提出を行っていただく予定です。

執筆要領,及び電子投稿受付ページについては,後日,当ホームページにて告知します。

 

■申込みにあたっての注意点

◎発表者は本会の会員に限ります。

◎同一発表形式では,同一講演者による発表数を 1件とします。

 

■留意点 

◎申込が受理された方は,研究発表会で必ずご発表下さい。 

◎発表時間は討議を含めて15分程度の予定です。 

◎発表申込や提出原稿の内容は,受付期間内に限り,初回申込完了時に登録された電子メールアドレス宛に送付される論文受付番号とパスワードを用いることにより,変更が可能です。 

◎発表は原則としてPCプロジェクターを使用して頂きます。発表用のノートパソコンは,各自でご準備下さい。

 

■オーガナイズドセッションの発表形式

以下の2つのテーマについて各4編程度の発表を募集し,発表時間および討論時間を十分に確保したセッションを実施します。

(OS1):「数値計算に基づく火災現象の再現」

数値計算に基づく火災現象再現を対象として、各解析コードの特徴の比較、火災プルーム解析を対象とした解析コードの性能比較等について討議を行う。

(OS2):「避難行動の実測と避難モデルの検証」

計算機性能の飛躍的向上に伴い、避難シミュレーションモデルの普及が加速している。避難行動の実測と避難モデルの検証に焦点を当て、現状と今後の課題について議論する。

事業内容

日本火災学会は、火災に関する科学および技術の研究の促進および交流をはかり、もって学術・技術の発展と社会の福祉に寄与することを目的としています。

  • 研究発表会・研究会の開催
  • 講演会・講習会・懇談会の開催
  • 会誌、論文集および図書の刊行
  • 火災に関する研究および調査
  • 研究の奨励および助成
  • 研究者の育成および表彰
  • 国内外の他学会、その他機関との連絡、協力
  • その他日的を達成するため必要な事業

公益社団法人 日本火災学会
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル
Tel 03-3813-8308
Fax 03-5689-3577

(English)

定款

公益社団法人日本火災学会定款(24.5.31)最終.doc

権利規定

権利規程.pdf

公益社団法人日本火災学会プライバシーポリシー

プライバシーポリシー.pdf

入会案内

  1. 当学会に入会されたい方は,入会届に所要事項記入の上,学会事務局へ郵便またはFAXでお送りください。入会に対する特別な資格は定めておりません。会費は別途請求申上げます。
  2. 会費は正会員A:年額6,000円,正会員B:年額8,000円,賛助会員は一口50,000円(一口以上)
    (平成4年度より)
  3. 正会員Aには学会誌「火災」(年6回発行)を,正会員B及び賛助会員には「火災」と論文集(年2回発行)を配布します。
  4. 問い合わせは当学会事務局(TEL:03-3813-8308,E-mail:kasai50@sepia.ocn.ne.jp)へ

 

論文集 投稿規程・執筆要領

日本火災学会論文集

ronbun_img.jpg3回/1年 発行
※詳しくはお問い合わせ下さい。

投稿規程・執筆要領はこちらから

ページトップへ▲